Yappli Tech Blog

株式会社ヤプリの開発メンバーによるブログです。最新の技術情報からチーム・働き方に関するテーマまで、日々の熱い想いを持って発信していきます。

iOSDC Japan 2020 に参加しました✨

  • 参加メンバー(寄稿者) 👤
  • はじめに
  • イベントの様子
    • オープニング
    • トークセッション
    • LT
    • クロージング
  • 印象に残ったセッション
    • SourceKit LSPをブラウザでコードを読むために活用する
    • オープンソースのAltSwiftUIの発表
    • キーワード多すぎ!なエンタープライズiOSの世界を概観する - 2020年版
    • そろそろCombine
    • iOS のキーボードと文字入力のすべて
    • iOSアプリ開発のための"The Composable Architecture"がすごく良いので紹介したい
    • 今日から分かるAVAudioEngineの全て
    • 100人でアプリをリファクタリングして見えてきた、最強のiOSアプリ設計に求められること
    • スモールビジネスを支えるfreeeのモバイル技術
    • GitHub ActionsでiOSアプリをCIする個人的ベストプラクティス
    • Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたもの
    • google/mediapipe で始めるARアプリ開発
  • まとめ
  • PR

参加メンバー(寄稿者) 👤

古賀山本みしま

はじめに

ヤプリiOSエンジニアの古賀です。

今年もやってきました iOSDC Japan 2020 !
iOSD JapanはiOS関連技術をコアのテーマとした技術者のためのカンファレンスです。

弊社は「iOSDC JAPAN 2020」にスポンサーしています!

今回はカンファレンスの様子や、参加したアプリエンジニアの感想や印象に残ったことについて記事を書きました。

note.com

続きを読む

UX向上のためにできること -社内会議室予約アプリYappRoom-

yapproom,iPad,会議室予約

こんにちは。 UI/UXデザイナーの山﨑です。

昨年6月、弊社引越しをきっかけに、 社内会議室予約アプリ「YappRoom」を作成しました。

利用開始から約一年、 評判はよいものの、さらにUXを改善できることがあるのではと日々考えていました。

ユーザーに教えてもらう

まずは、幅広く情報を得るため社内の利用者にインタビューという形で、ユーザーにYappRoomを 利用して感じていることを教えてもらうことにしました。

インタビュー

インタビュー内容がブレない様に、目的・明らかにしたいこと・対象者を明確にして、 YappRoomの利用頻度で、質問内容を変えながら、回答に応じて真意を深掘りできるように 半構造化インタビューに近い形で実施しました。

分析と課題点の抽出

インタビューした内容をもとに、 カスタマージャーニーマップの作成→インパクト分析することによって UX面の課題点を抽出していきました。

ここで自分が想定していなかった部分で割と多くのユーザーが 使いづらいと感じていたことが明確に見えてきます。

例えば、

  • 会議主催者の選択がしづらいと感じる
  • 社員数が増えるとさらに探しづらい

ということです。

このことから、UI面と機能面を改善する余地があることがわかり、

  • 選択時の名前の分類をあいうえお順または、部署単位にする
  • 音声検索させる
  • 顔認識/視線認識で設定させる

などなど、解決案としてのアイデア出しにつなげていきました。

次のアクションとして、実際に課題解決策案をもとにプロトタイプ設計し、 ユーザビリティテストで検証して改善を進めていく予定です!

おまけ うれしい話も聞けました

今回のインタビューで、ユーザーが困っていること・解決すべきことばかりでなく、

  • 「お客様と話をするきっかけとかネタになる」
  • 「自社でスクラッチで制作してるので、パッと見たときにお客様の評価が高い。」
  • 「ヤプリのサービスとして出したい。売り物にしたい。」

など、外部のお客様にも好評との話もきかせてもらい、 今後のYappRoomの可能性を感じ嬉しく思いました。

まとめ

今回は社内用のアプリを通じて、 まずは『ユーザーを知る』ことで、『自分の知り得なかったユーザーの課題を発見する』 ということが、プロダクトのUX向上のためにできることとして、改めて大切だと感じました。 自分の知り得なかったユーザーの課題の中に、本質的に解決しなければいけない 重要な課題が含まれている可能性があるからです。

この大切な気づきを活かし、これからもヤプリのプロダクトUX向上のための取り組みを積極的に行なって行きます!

PHPカバレッジ100%の世界

PHPのカバレッジを100%にした話

はじめまして、2月入社の尾宇江です。オーイェーって呼んでほしいです。
すでに、Yappliの新CMSはGo言語でフルリニューアルされているのですが、
一部にはPHPで書かれているリポジトリも残っております。
今回そのリポジトリの中の1つのカバレッジを100%にしたという話をさせていただきます。

f:id:OhYeah:20200917114619p:plain
記念すべきカバレッジ100%達成時のコミット

対応したリポジトリの内容

  • PHP 7.3.5以上 + Laravel 6.x
  • アプリからのリクエストを元に外部サービスを実行してレスポンスを返すサービス
  • 独自のデータベースは持っていない
  • リポジトリ全体のファイル数は1000未満

カバレッジ100%にしたかった理由と方針

  • 理由
    入社後のキャッチアップとしてコードリーディングすることになったが、
    もともとカバレッジが高いリポジトリだったので、
    コードリーディングするついでに100%にしてしまおうという軽い理由。

  • 方針
    キャッチアップのためのコードリーディングなので、
    できるだけ既存コードに変更は加えず、テストコードだけで対応する。

続きを読む

インターン生が開発環境のコスト削減してみた!

f:id:TateyamaKaito:20200909153256p:plain
AWS 構成図

はじめに

 広島大学の谷です。8月中旬から9月はじめまでの4週間、ヤプリのSREチームでインターンをさせてもらっています!この記事では私がインターン期間中に取り組んだ、開発用EC2インスタンスの自動起動/自動停止と、Slackからコマンドで開発用EC2インスタンスを起動/停止できるようにした話をしたいと思います。

取り組んだ内容

目的

  • 開発環境で使っているEC2インスタンスを夜間と休日に停止したい。
  • 停止しているインスタンスをSlackから起動させたい
続きを読む

人間中心設計スペシャリストに合格しました

f:id:jo_yapp:20200628194204j:plain こんにちは、UI/UXデザイナーの城です。 少し前の話になりますが、昨年度受験していたHCD-Net 人間中心設計スペシャリスト認定試験に合格したので報告させていただきます。

人間中心設計スペシャリスト制度とは

人間中心設計専門家/スペシャリスト制度は、人間中心設計推進機構(HCD-Net)が実施する認定制度で、商品やシステム開発におけるHCDプロセスを実践できる人材を認定するものです。

  • 人間中心専門家/スペシャリスト:HCDに関するコンピタンスを適切に備えた人
  • コンピタンス:専門業務の遂行に必要となる能力・技能・知識(参考

試験を受けるには

人間中心設計(HCD)専門家の試験は、過去に取り組んできたHCD設計やユーザビリティの活動を記述した申請書によって審査されます。 受験資格として実務経験年数や実践事例の数が求められますので受験を検討したい方はこちらをご確認ください。

www.hcdnet.org

f:id:jo_yapp:20200629144641j:plain
このような申請書に過去の取り組みを記述していきます

一度落ちました(笑)

実は以前にも受験をしたことがあるのですがそのときは不合格でした。 認定試験ではHCDに関するコンピタンス評価によって認定が行われ、HCD活動の計画性や再現性が判断されなければ不合格となります。

不合格となった試験の記述を振り返ると、ユーザビリティテストなどからプロダクトの課題を解決した経験はあるもののプロジェクト全体を通したHCD的な計画が不十分だったり利益目的で走りすぎていた点があり、行動のブレが記述にも表れていたのだと思います。ただ、不合格になったことで自分の知識や能力が不足していることに気づけたので、その点では収穫でした。

受験してよかった事3つ

  • 自分に不足しているスキルが明確になった
  • 質の高い情報を集めやすくなった
  • 周囲の人がHCDに関心を示してくれるようになった

2つ目に関しては、合格してHCD-Netの会員になったことで有益な情報がメルマガで流れてくるようになったので我流でHCDを勉強していた身としてはとても良い学びになっています。3つ目については社内のHCD活動の仲間が増やせるきっかけになっているので嬉しい限りです。

今後に向けて

おまけ

f:id:jo_yapp:20200628142634j:plain
ユーザビリティテストのパイロットテスト中
最近、マーケ支援機能の改善を行ったのでユーザビリティテストを実施しました。自分達がデザインしたものが意図通り使えるのか検証するものです。コロナの影響からオンラインユーザビリティテストが流行っているかと思いますが、機能の性質上対面式で検証する必要があったので時間を短く設定して実施するなど工夫しました。

ヤプリのUI/UXチームではプロダクトをより良くしていくために、今後もHCDの取り組みを強化していきます!

「UX MILK Fest 2019」で登壇してきました

f:id:jo_yapp:20191021131723j:plain こんにちは、UI/UXデザイナーの城です。

2019年9月14日、UXデザインの人気メディア「UX MILK」が主催するイベントUX MILK Fest 2019で登壇してきました。 少し時間が経っていますがその報告をさせていただきます。

UX Milk Festとは

このイベントは、「『UX』の解像度を上げ、UXデザインとの関わり方を考える日」をテーマに、「UX」との向き合い方について議論し、人とつながることを目的としたイベントです。

西新宿にある株式会社ビビビットさんのセミナールームでフェスのような楽しい雰囲気のもと行われました。

大手金融企業や自動車企業などのデザイナーが登壇していたりと、それだけでも刺激的でしたが、ワークショップやトークセッションなど様々なアプローチで参加者にUXデザインのヒントを与えてくれました。

f:id:jo_yapp:20191021122709j:plain

Yappliの登壇

今回の登壇に関しては、スピーカーとして応募してみたところ採用いただきまして登壇するはこびとなりました。 発表した内容は、「BtoBtoCサービスのデザイナーがユーザーに近づくために実践したこと」です。 サービス開発者としてよりよい体験を提供していくためにはユーザーから情報を得ることが大事ですが、BtoB、BtoBtoCなど登場人物の多いサービスではその実施が難しい場合があります。ただ、そのような状況下でもユーザーに近づくためにできることは沢山あるよ、という内容でお話しさせていただきました。

f:id:jo_yapp:20191021121324j:plain
発表時の様子

後からでも内容が分かるように資料を作成したのでぜひご覧ください。

さいごに

こういった大規模なイベントに登壇するのは個人的に初めてでしたが、発信することで得られる学びに気づけた気がします。 「UX」の定義は広く、正解はあるわけではありませんが、これまでユーザーとサービスの間のデザインを行ってきた中で得られたことを言語化し発信することでさらにUXデザインの理解を深められるように思いました。

今後もUI/UXデザイナーとしてイベントへの登壇にチャレンジしていきたいと思います。

iOSDC Japan 2019 に参加しました✨

  • 参加メンバー(寄稿者) 👤
  • イベントの様子
  • 食事(朝食、ランチ)
  • 参加メンバーの感想
    • 今こそ理解しよう、輸出コンプライアンス
    • 先生のことをお母さんって呼んでも大丈夫。そうObjecive-Cならね
    • AR Quick Lookを家具ECサイトに導入した話
    • ライブラリのインポートとリンクの仕組み完全解説
    • LT
    • Advanced Segue (2019年のSegue事情)
    • めくるめくシェーダアートの世界
    • Heart of Swift
    • Xcodeのコードカバレッジ計測ではなぜブランチカバレッジが取れないのだろうか?
    • モバイル決済アプリの作り方
    • 1ヶ月半でプッシュ通知許諾率を17%から40%にあげた話
    • iOSDC茶会
  • まとめ
  • PR

参加メンバー(寄稿者) 👤

西田古賀山本三縞

イベントの様子

f:id:yako000:20190912115546p:plain

続きを読む

Copyright © 2018 Yappli, Inc. All rights reserved